読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年 個人的ふりかえりのメモ

今日で2013年も終わりです

おっさんになると時間が過ぎるのが早くて困りますね

今年はAWSの利用とユーザーグループのJAWS-UGへの参加と

状況を変えることがあった年でした

 

2013年をふりかえってKPTではないですが

「良かったこと」「頑張らないとなこと」「もっと!」の分類で

自分用のメモとしてまとめてみました

良かったこと

  • AWSを業務で使い始めて理解が深まった
  • というか、AWSがなかったら期日内でのリリースは難しかった
  • もっと言うとAWSサポートチームがなかったら無理だったと思う
  • 同じぐらい担当の営業さんとSAさんにお世話になっている
  • 文章にすると全体的に理解が危うい感じになる不思議w
  • JAWS-UG中央線の立ち上げに参加できた
  • JAWS-UG Advent Calendar 2013 on Zusaar」にも参加して記事を書いた
  • 参加側ではなく開催側に回れたことで、いろいろと学ぶことが多かった
  • コミュニティドリブン の最高に楽しい流れに乗れた
  • 同じ方向を見ている仲間がたくさん出来た!
  • 大きなイベント「JAWS FESTA Kansai 2013」に参加できた
  • 実費じゃなくて会社の費用で参加
  • AWSとJAWS-UGの勢いや温度感を少し会社が理解し始めた傾向?
  • 社内から「AWS re:Invent 2013」への参加者を出せた
  • ADSJのセミナーで弊社に登壇枠をもらえた
  • その登壇枠で話すことが出来た
  • AWS以外にも興味のある勉強会やセミナーに参加できた
  • AWSを通じてビジネスの広がりを模索できた
  • AWSとJAWS-UGへの関わりで冗談抜きに「人生が変わった」

 頑張らないとなこと

  • 更なるAWSサービスの理解
  • 開発・運用・改善の効率化
  • セミナー・勉強会・会議による不在の多さ
  • もっと広い視野でいろいろ見ないと駄目
  • チームメンバーが1人減なので何がしかの対策必要
  • JAWS-UG中央線の定期的な開催
  • 社内以外での話す機会の少なさ
  • 企画ベースだけでなくてモノを作り出す
  • モノだけでなくお金を考えないと駄目

もっと!

  •  AWSの仕組みをもっと知りたい
  • re:Invent シアトルコースに参加すれば少しはわかるのか?
  • 新しいことにもっと関わりたい
  • 勉強会・セミナーへもっと参加したい
  • JAWS-UG中央線の開催をもっとしたい
  • AWSもJAWS-UGももっと前に進みたいもう1歩でも

 

 なんだか特にとりとめもありませんが

自分の用のメモということで

 

最後に最近目にした佐藤琢磨選手の言葉が良かったので

挑戦してチャンスを生かしていきたいですねー